Beat – Read full licens

利用規約/Please accept the user policy

【Back】

本契約は、ライセンサー(Kuragaly Sounds)とライセンシーの間で支払完了日に締結され、ライセンシー(購入者)が楽曲の使用に関連して、本契約に記載されているすべての条件に従うことを条件としてのみ、発行される。

1.ライセンス料:
ライセンシーがプロダクターによってビートに付与するすべての権利は、ライセンシーがライセンス料を適時に支払ったことを条件とする。ライセンス料は、ライセンシーに付与された権利一式のみであり、以後、ライセンサーは金銭の請求を行わない。

2.ビートの配信:
ライセンサーは、音楽業界でそのような用語が理解されているように、楽曲を高品質のMP3、WAV&TRACKSTEMSとして提供することに同意する。ライセンシーは、ライセンス料の支払いが行われた直後に楽曲をライセンシーに送付する商業的に合理的な努力をしなければならない。ライセンサーは、Eメール経由で、ライセンシーへ楽曲を送信する。

3.楽曲の使用:
ライセンシー独占的、移転不可能ライセンスであり、作成した新しい楽曲の一部にが曲を組み込むために楽曲を組み込み、使用する権利を有する。ライセンシーは、ビートの上に書かれた歌詞を録音したり、楽曲の一部/サンプルをライセンシーによって作成され、かつ/または所有されている既存の楽器音楽に組み込むことによって、新しい曲または新しい楽器音楽を作成することを許諾する。
楽曲の一部または全部を組み込んだライセンシーによって作成された新しい曲または楽器の一部は、「新曲」とする。ライセンシーは、契約、長さ、BPMについて、本ライセンス は、本契約に記載されている販売制限、制限、および禁止される使用条件に従って、新曲に組み込まれた方法で、本契約で明示的に提供された方法で使用することを許諾する。ライセンシーは、本契約に基づいて新曲内のライセンシーに付与されたすべての権利が排他的なものであることを認識し、プロダクターは、本契約と同じまたは類似の条件に基づくものとする。
新曲は、シングルフォーマットのリリース、ミックステープへの収録、または一緒にバンドルされた音楽(EPまたはアルバム)の自由編集、及び/またはプロモーション、非金銭化デジタル版などのプロモーション目的で使用することができる。

4.ストリーミング;
ライセンシーは、ライブパフォーマンス(コンサート、フェスティバル、ナイトクラブなど)、地上波または衛星ラジオ、および/またはサードパーティのストリーミングサービスを介したインターネット上での公演用として行うことができる( Spotify、YouTube、iTunes Radioなど)。
ライセンシーは、新曲を物理的および/またはデジタル形式で販売すること、無制限ダウンロード/物理音楽製品を販売すること、無制限ストリームとなる。新曲は、単独で販売すること、あるいはライセンシーがEPまたは全長アルバムとしてバンドルした他の曲の編集に含めることができる。
新曲は、CDやレコードを含むMP3形式や物理形式の永久的なデジタルダウンロードのために、デジタル小売業者経由で販売することができる。ライセンシーは、明快さと疑いを避けるため、楽曲をライセンシーに譲渡した形で販売する権利を有しません。ライセンシーは、この権利の確定のために新曲(または上に詳述した手段)を作成しなければならない。ライセンシーによる新曲が、本契約の重大な違反となった場合、ライセンシーは、本契約に規定する損害についてライセンシーが責任を負うものとする。
ライセンシーが本契約の条件を遵守していることを条件として、ライセンシーが支払った、または収集したロイヤルティー、手数料、または金銭を機械業者のロイヤルティを明示的に除外して、ライセンサーに支払う必要はない。

5.ビートの使用に関する制限:
ライセンシーは、楽曲または新曲の使用を明示的に、または以下の目的で行うことが明示的に禁止されていることに同意する。ライセンシーに付与された権利は、移転不可であり、ライセンシーは、第三者にその権利を移転または譲渡することはできない。
ライセンシーは、楽曲または新曲をコンテンツ識別システム、サービスプロバイダ、音楽配信業者、録音ラベルまたはデジタルアグリゲータ(例:TuneCoreまたはCDBaby、およびユーザーが作成したコンテンツ識別サービスの他のプロバイダー)に登録することにより、明示的に禁止されています)。この制限の目的は、新曲でビートを使用する第三者から著作権侵害の通知を受けないためである。楽曲は、新曲のすべての関係者を保護するための先制措置として、プロダクターによるコンテンツ識別用にタグ付けされている。

6.所有:
ライセンシーは、楽曲のすべての権利、称号、および利害の唯一の作成者であり、サウンドレコーディングへのすべての著作権と、プロダクターによって作成および作成された基本的な楽曲の権利を所有する。ただし、ライセンシーは、いかなる状況においても、楽曲または新曲を米国著作権局に登録または登録しようとすることはできない。
楽曲および/または編曲を登録する上記の権利は、ライセンシーに厳密に限定されるものとする。ライセンシーは、要求に応じて、疑いを避けるために、新曲のマスターまたは録音権を所有していない。ライセンサーは、新曲でビートを使用し、本契約の条件に基づいて新曲を商業的に利用する権利を許諾する。
ライセンシーおよびプロデューサは、新曲で具現化された基本的な構成の公開権および所有権に関して、基礎となる構成が以下のように所有/分離されることを認め、同意する。
ライセンシーは、著作権(Copyright)の100%を所有、管理するものとする。
ライセンシーは、ライセンス料を支払った時点で、ライセンサーへのライセンス料の支払いとその利用条件の電子的承諾により、本契約の条件に同意したことを署名、確認、承諾したものとみなす。

7.クレジット:
ライセンシーは、ライセンサーが承認した名前、承認された肖像権、その他の認可された身分証明書および認可された人物の使用を有するものとする。ライセンシーは、プロダクターを「作成者」として認定するために最善の努力を払い、プロダクターに、現在知られているか作成されたすべてのCD、レコード、ミュージックビデオ、デジタルラベルまたはその他のレコード構成に適切な制作およびソングライティングクレジットを与えるこれから作成された新曲とすべてのカバーを具現化する新曲を含むレコード、他のミュージシャンのクレジットを記載したアルバムへ表示する。
ライセンシーは支払の確認、ライセンサーはクレジットの正確性のすべての証明を確認し、ライセンシーのクレジットに関する間違いを解消するために最善の努力をする。ライセンシーがクレジットを発行することに失敗した場合、ライセンシーは、そのような不具合を直ちにかつ将来的に修正するために合理的な努力をしなければならない。
表記 : Prod by(producter)

9.契約終了:
ライセンサー及びライセンシーは、単独の裁量で、書面による通知により、いつでも本ライセンスを終了することがでる。ライセンサーがこのオプションを行使した場合、ライセンサーは、ライセンシーが支払ったライセンス料の2百パーセント(200%)に相当する金額をライセンサーに支払うものとする。ライセンシーがこれを行使した場合、デジタル流通チャネルおよび物理流通チャネルのいずれかからすべての新ソングをただちに取り除き、一般市民による新ソングのストリームおよび/またはダウンロードへのアクセスを直ちに停止しなければならない。

10.ライセンシーによる違反:
本契約書のライセンシーによる違反の疑いを解消するために、ライセンシーまたは承認された代理人による書面による通知を受領してから10営業日以内に違反と判断しなかった場合、ライセンシーの債務不履行、本契約の違反、プロダクターの裁量により、ライセンシーの権利が終了することとなる。
違反として、ライセンシーが、本契約において明示的に規定された方法および金額の範囲外で、楽曲または新曲の商業的利用および/または販売に従事している場合、ライセンシーは、支払った金銭のすべてと金額の金銭的損害について、楽曲を許可なく商業的利用に関連してた活動を含む。

2018/06/30

※現段階では ライセンサー=販売者,ライセンシー=購入者 としております